小沼の還暦野球奮闘記 19.4.2719.4.30




平成31年4月27日(土) 静岡県還暦野球リーグの第3戦が、牧之原の

グリンパルで榛原クラブと対戦しました。

2対1で勝利し3連勝です。

試合は、沢田と相手投手との投げ合いで緊迫した投手戦となりました。

三浦、宮崎のタイムリーにより2点、榛原クラブの反撃を1点に押さえ

沢田投手の好投により勝利しました。

私は、6回の裏代走にでて、7回は3塁の守備に着きました。

反省点があります。1死2塁で次打者かセンターライナーを打ちました。

私は1ヒットでホームに帰る気持ちが強く、打球が頭の上を通る瞬間

1点欲しさに打球の行方を見ずに、3塁コーチの指示を頼りに突進して

しまい結果センターライナーでダブルプレーを喫し無得点に終わって

しまいました。いちかばちかのプレーでしたが、ここは打球の行方を

確認し、自重し2死からの1番内山に期待すべきだったのでしょうか?

監督には注意を受けました。これも野球の醍醐味ですね。

 

 


author :小沼清久