小沼の還暦野球奮闘記 18.12.1818.12.18




先日、チームの納会を兼ねた忘年会が開催され21名が参加しました。

今年の成績は、14勝5敗で19チーム中第3位てした。

前半に4敗を喫し、後半12連勝で3位となりました。来年の全国大会の出場を

確保しました。10月に仙台で開催されます。今年の全国選抜大会は新潟県で

開催され雨にたたられました。開会式の金曜日が雨、土曜日は第一試合で

雨の中勝利しましたが、第2試合からは中止、よく日曜日も朝から雨で、

中止かと思いきや、雨の中で途中中断もありながら勝利しましたが、第2試合

以降は中止、この時点で月曜の試合も雨が予測され、すでに棄権して帰った

チームも多数あり、本部からも明日以降の継続を打診されましたが、棄権を

決定。幻の2勝となってしまいました。

さて、宴会では、今回はじめてメンバーのプライベートな過去が報告され、

我がチームは素晴らしい、いろいろな体験の持ち主がいるんだなと、改めて

感心しました。トップバッターは最年長の飯田さん、もとパイロットで

地元の静高野球の大ファンで今でも追っかけをしています。とにかく高校野球

に詳しいんです。得意の竹田節をアカペラで披露しました。

2番目は石神新キャップテン66歳、石神さんは23才の時巨人軍の入団テストを

受け見事合格した2名のうちの1人でした。遠投と50メートル走にパスし、

打撃と捕手の守備が認められたとのことです。当時の契約金300万円(大学生の

初任給2万円の時代です) 入団辞退し、現在のスピリッツで活躍しています。

3番目は三浦さんです。三浦(旧姓秋本)さんは静高のエースで夏の甲子園大会の

準優勝投手なのです。全国の強豪校を撃破し決勝戦で広島商業に惜敗しました。

現在は肩を痛め投手はできませんが、現在リハビリ中で、打撃は1級品です。

4番目は沢田さん68歳です。投手兼外野手です。球歴もさることながら、

沢田さんの自慢はボーリーングの腕前です。300点のパーフェクトを2回達成

しているそうです。パーフェクトゲームには12回連続ストライクが必要です。

パーフェクトの瞬間は、会場中の選手がプレーを中断して観戦するそうです。

この緊張感は、野球のサヨナラヒットの場面に匹敵、それ以上の緊張かも

しれません。 つづきは次回に!!

来年も上位めざしてがんばります。


author :小沼清久

小沼の還暦野球奮闘記 18.11.2018.11.20




平成18年17日(土)に静岡県還暦野球リーグ最終節第18戦が長伏球場で        行われました。相手は赤石クラブで11対1で勝利しました。            これで通算14勝4敗でリーグの第3位です。来年の全国大会(仙台)の出場権を    確保しました。今シーズンを振り返ると前半で4敗し後半は勝利がつづき14勝    しました。打線も好調で、なんといってもエースの杉村の好投が目覚ましく    ほとんど点も取られなく完投勝利でした。チーム状態の良い時に全国選抜大会    に臨み2回戦を勝ち抜きましたが、天候不順で試合ができず、途中棄権をした    ことが悔やまれます。私はチームのキャプテンとして2年を務めました。      監督が体調不良で監督代理を補佐してスーパーサブとしてベンチにいることが   多くコーチとしてチームをけん引しました。                  来年は数名の新人も入り新体制でリーグ優勝を目指します。  

 

 


author :小沼清久

小沼の還暦野球奮闘記 18.11.518.11.5




11月3日(土)に静岡県還暦野球リーグ戦第16戦がありました。

15戦を7対1で勝利し、第16戦は上位を争う富士パワーズとの対戦です。

ここ数年僅差で敗れている強豪チームです。5対1で勝利し通算12勝4敗で

残り2戦、3位以内を確定できそうです。

この試合は絶好調のエース杉村の好投と0対0の投手戦からスピリッツが

ノーアウト満塁のチャンスに8番田中が空振りの三振、9番杉村が内野ゴロで

ホームでホースアウトで2アウトとなりチャンスが潰えたかと思いきや1番の

内山がここ一番、走者一掃の3塁打を放ち3対0となり勝負あり、内山の3点

3塁打とエース杉村の好投で勝利しました。これで8連勝です。

  

 


author :小沼清久

小沼の還暦野球奮闘記 18.9.2618.9.26


カテゴリ:静岡歳時記


9月23日(日) 静岡県還暦野球リーグ第14戦が清水町の長伏球場で行われました。

相手は富士リバーズで4対1で勝利しました。これで通算10勝4敗です。

私は途中出場、セカンドで1打数0安打でした。当たりはよかったものの

サードゴロでした。残り4試合です。残り試合に上位進出がかかっています。

ここ数試合チーム状態も良く全勝したいものです。

1点を争う試合場面での3塁コーチとランナーの呼吸について

1回の裏、2死2塁で4番の打席です。3塁コーチは1ヒットホームインを指示

しました。打者は、レフト前にクリーンヒット、2塁ランナーは少し

スタートが遅れました。3塁コーチは本塁突入を指示しました。

結果ホームでタッチアウト。先取点を逃しました。次の5番バッターは

少し調子を落としているものの以前の4番です。

ここは自重して2死1,3塁で5番打者に任せても良かったでしょうか?

難しい判断です。初回だからストツプ?先取点が欲しいから本塁突入?

ランナーの足も考慮して考えなければなりません。ヒットが2本続かない

かもしれません。

さて、どう判断したらよいでしょうか?

私の考えは、自重して2死1,3塁で5番に期待する。を選んだかもしれません。

私がランナーだったら、リードをしっかりとり迷わず本塁突入してい

たかもしれません。。後半で同じ場面なら迷わずGOですね。

この時の2塁ランナーと3塁コーチの呼吸がとても大事だと思います。

 


author :小沼清久

小沼の還暦野球奮闘記18.9.1818.9.18


カテゴリ:静岡歳時記


9月15日(土) に牧之原のグランパルで静岡県還暦野球第13戦、榛原クラブと対戦しました。9対0で勝利し通算成績は9勝4敗で残り5試合です。リーグの上位つけているものの予断を許さない状況です。この試合も完封した杉村投手は絶好調です。       打線も活発でチーム状態は良好です。私はこのところ出番が少なく、この日も     3塁コーチに専念しました。試合前のミーティングで、2死2塁でのヒットはランナーは 本塁突入、1死3塁での内野ゴロはランナーは本塁突入を確認しました。1点を争うゲームでは大事な決断となります。コーチャーがランナーとコンタクトを取り、確認が重要で 3塁コーチの大事な役割です。この日もそういう場面があり、無難に対応しました。  あと残り5試合全勝して、来年の全国大会出場を勝ち取りたいものです。  小沼


author :小沼清久

小沼の還暦野球奮闘記 18.9.1118.9.11


カテゴリ:静岡歳時記


9月7日から新潟県で開催された全国選抜還暦野球大会に出場しました。

大会は前日からの雨で初日は順延、2日目の1回戦は小雨の中、行いました。

前日からの雨で会場運営事務局は大変な苦労だったと思います。

初戦は前年3位の岩手県の北上クラブが相手でした。主将の私てしては、

雨が心配だったのでグランド状態も考え、トスで勝ったら先行を取るつもりが

負けて後攻めとなりました。(相手も同じことを考えていたのですね。)

初回は動きなく0対0でしたが、試合は6回コールド8対1の勝利でした。

エース杉村の完投と打線も好調で幸先良いスタートです。

この日は出番がありませんでした。

ところが2試合目から雨が強くなり、3,4試合は中止となりました。

3日目も変則の居合日程となり、まだ一度も試合していないチームが優先され

我がチームは2回戦に臨みました。相手は兵庫県の芦屋クラブです。

この日も雨で、グランド状態は良くありませんでした。この日はトスに勝って

先行をとりました。2回の面に新人森下のタイムリーヒットで先制し4回終了時点で

1対0で勝っていましたが、雨が強くなりグランドも水か浮き中断しました。

大会ルールではこのまま試合ができなければ翌日5回からの継続試合です。

大会事務局からの連絡で雨が上がるのを待ってグランド整備を行い5回裏表を行い、

5回終了で勝っても負けてもコールドケームとのことでした。

そこで、本部より試合が日程通り進まないので勝ったら明日も残れるかとの

問い合わせがあり、チームとしては明日も雨模様で13日の木曜日まで伸びそうな

状況でもあり、話し合いの結果、この試合に勝っても明日は残らない決断をしました。

途中で帰るチームもたくさんあるようです。

1時間後試合は再開し5回表に3点を追加、その裏を0点に押さえ4対0で勝利しました。

この日は2番ライトで出場し3打数1安打でした。この日も2試合目以降は中止となり

試合日程は大幅にずれ込みが予測されます。

今は、静岡に戻りこのブログを書いていますが、トーナメントはどのように進行して

いるのでしょうか?

試合はさておき、3泊4日の楽しい大会(旅行)となりました。おいしいお酒も料理も

戴きましたし、温泉にも由緒ある神社(弥彦神社)参りもしたし。大好きなカラオケも

新潟ブルースを含め満喫しました。

※弥彦神社は天香山命(あめのかごやまのみこと) がご才神で、ににぎのみことの

天孫降臨にお供した神の一人、家内安全、商売繁盛、交通安全を祈願する神社

  

新潟 弥彦神社

 

 


author :小沼清久

小沼の還暦野球奮闘記 18.9.418.9.4


カテゴリ:静岡歳時記


9月1日(土) 沼津市営球場で静岡県還暦野球リーグ戦第12戦がありました。

7対3で勝利し通算8勝4敗です。何とか上位につけています。

私は、マネージャー欠席のためスコアラーで試合には出ませんでした。

キャプテンとしてベンチで大声で声援を送りました。

試合は、初回に3点先取され、3回の裏に追いつき、5回に逆転した試合でした。

主力選手の沢田が途中ケガでベンチに下がり、代わりに入った長田(コーチ)が

大活躍した試合でした。試合にあまり出ない長田選手が3回の2死2.3塁で

同点のタイムリーヒット、5回にも同点の場面で2死満塁で逆転のタイムリーヒット

を打ち勝利の立役者となりました。この日は神がかった活躍でした。あっぱれです。

9月7日からは新潟県で全国選抜還暦野球選手権に参加します。

今のチームはここ5試合連勝で状態は良好です。トーナメント大会です。

負ければ終わりです。野球の醍醐味を満喫してきたいものです。

ファイト!! 静岡スピリッツ

  


author :小沼清久

小沼の還暦野球奮闘記 128.8.2718.8.27


カテゴリ:静岡歳時記


8月25日(土) 富士川の宮下グランドで還暦野球リーグの第11戦がありました。

相手はオール志太クラブで11対7で勝利しました。これで通算成績7勝4敗です。

前半の負け越しを取り戻し、チーム状態は良好です。

この試合は、先発の沢田が久々の登板、初回に制球が定まらず、2死球もあり

4点を先取されました。2回の裏に3点を返し4対3、次の得点を挙げた方が

有利な展開になります。4回の表に志太クラブが2点を挙げ6対3で優位な展開と

なりました。(通常は負けパターンです。)  この日は打線が奮起し、5回、6回に

4点づつ得点し、リリーフした杉村が3点に抑え11対7で勝利しまいた。

私は先発出場しましたが、1打席で途中交代しました。このところ出場機会が

少なく、ベンチで声出して主将の仕事を全うしています。後半戦に向けて

練習を怠らず゛、チームの勝利に貢献したいと思います。

余談ですが、9才(小4) が私の影響と勧めもあり野球が大好きで熱烈な野球少年で

この夏も娘の嫁ぎ先である九州の福岡から遊びに来ておりました。土日はもちろん

平日もほとんど毎日、ナイター設備のあるグランドで、キャッチボール、投球練習

守備練習、打撃練習を行い、私のチームのメンバーも練習相手をしてくれました。

将来が楽しみです。夏休み中静岡にいて、26日の午後福岡に帰りました。

また冬休みに来ます。

  


author :小沼清久

小沼の夏休み18.8.2318.8.23


カテゴリ:静岡歳時記


今年の夏の甲子園大会は、100回記念ということで盛り上がりましたね。

大阪桐蔭が2度目の春夏連続優勝で終わりました。準優勝の金足農業も吉田投手を

軸に大健闘でした。両チームに「あっぱれ」です。静岡県代表の常葉大菊川も

健闘しました。ショートの奈良間選手は、静岡県大会で8割超の驚異的な打率で

甲子園に臨み守備も良くバックスクリーンへのホームランは見事でした。

タイブレークで逆転満塁サヨナラホームランやツーランスクイズのサヨナラ勝ちなど

話題のたくさんあった100回記念大会でした。

8月22日に静岡草薙球場で日本ハムとソフトバンクの公式戦があり、孫のこたろうと

ナイター観戦しました。こたろうは九州の福岡から夏休みで静岡に遊びに来ており、

熱烈な野球少年です。この試合を観戦することは事前に知らせてあったので、

ソフトバンクファンのこたろうは、ユニフォームと応援グッズを持参しソフトバンクの

私設応援団に混ざり大きな声を出して応援に参加していました。そのかいがあって、

10対5で勝利し、ナイター観戦を満喫できたようです。この日は日ハムの清宮がDHで

出場しホームランを打ちました。敵ながらあっぱれと感心していました。

この夏の思い出として写真を掲載します。 孫バカの小沼66才

  

  


author :小沼清久

小沼の夏休み 18.8.2118.8.21


カテゴリ:静岡歳時記


毎年夏休みに、九州の福岡から孫が遊びに来ます。

9才になりすっかり野球少年です。早朝ソフトリーグ、シニアソフト県リーグ

還暦野球リーグのどの試合にもついてきます。いろいろなメンバーの人たちが

可愛がってくれます。キャッチボールからノック、バッティングの時は守って

くれます。野球が大好きです。

静岡へは野球の練習に来ている感覚です。おかげて私も毎晩付き合っています。

清水の桜が丘公園グランドは18時になるとナイター照明が付きます。

少年野球クラブや女子ソフトチームや一般市民が練習をしている片隅で

2人でキャッチボールから投球練習、ノック、走塁練習、バッティング練習まで

雨が降らなければほとんど毎日1時間30分は練習します。

くしくも今日は甲子園の決勝戦です。孫バカですが、何年後かに甲子園で活躍できる

選手になればいいなと応援しています。

先日も浜松クラブとの試合を1人でバックネットで見ていました。1人前に寸評を

述べるんですよ。

  

 


author :小沼清久